いきいき七尾魚

トビウオの煮びたし

トビウオの煮びたし

夏を代表する魚「トビウオ」です。脂肪分が少なくタンパクで、油との相性は抜群です。トビウオのフライは定番中の定番ですが、今回は煮びたしにしてみました。
  1. 漬け込み用たれ:しょうゆ大さじ3、薄口しょうゆ大さじ1、酒大さじ2、はちみつ大さじ1、お好みですりおろし生姜を用意。
  2. トビウオは3枚におろす。
  3. おろしたトビウオをたれに20分ほど漬け込む。
  4. 季節の野菜を適当な大きさに切る。
  5. フライパンに油をひいて、4をしんなりするまで炒める。
  6. 3の水分をキッチンペーパーなどで軽くふき、片栗粉を適量まぶす。
  7. フライパンに多めの油をひいて、6を揚げ焼きする。
  8. 鍋にだし汁1と1/2カップ、しょうゆ大さじ3、酒大さじ2、みりん大さじ2を入れ、煮立たせる。
  9. 8に5と7を入れて、軽く沸騰したら火を止めてできあがり。 

材料(4人前)

  • トビウオ
    4尾
  • 季節の野菜
    適量(今回はなす中1個、しいたけ中4個、ねぎ1本)
  • だし汁
    1と1/2カップ
  • しょうゆ
    大さじ3
  • 大さじ2
  • みりん
    大さじ2
  • 片栗粉
    適量
ワンポイント

海富理
お料理協力:
川端海富理さん

漬け込むたれに生姜を入れることで臭みが取れ、出来上がりもさっぱりします。


いきいき七尾魚図鑑 いきいき七尾魚よくある質問集 いきいき七尾魚フリー素材集

旬の七尾魚

  • マダラ

    冬の鍋料理に欠かせない魚「真鱈」。身は柔らかく絶品です。また白子はクリーミーで濃厚な味わいです。真子の「子付けのお刺身」は能登半島の冬を代表する一品です。

  • まさば

    背側の波紋が特徴。脂ののる秋から冬が旬。焼いてよし、煮てよし様々な調理方法で食べられます。

  • ふくらぎ

    今年生まれた「ブリ」の幼魚は、7月頃からボウズ⇒コゾクラと呼び名が変わり、10月頃から「フクラギ」と呼ばれ、能登・七尾の秋の味覚のひとつとなっています。

  • マアジのイタリアン風焼まあじ

    いよいよ食べごろ!能登の食卓では定番のアジ!塩焼きでもフライでもOK!

  • サヨリ 春の彩りあえさより

    春の訪れを知らせるサヨリは七尾湾で産卵、成長しています。

すし王国能登七尾 能登ふぐ事業協同組合 FOOD ACTOIN NIPPON
FAN推進パートナーとして参加しています 世界農業遺産「能登の里山里海」