いきいき七尾魚

魚の和風マリネ

魚の和風マリネ 
 
  1.  魚は3枚におろし、皮を取り、一口大に切る。塩・コショウで下味を付ける。
  2.  マリネ液を作る。
    にんにく、玉ねぎ、大根はおろす。
    ボールに醤油、トマトケチャップ、サラダ油、白ワイン、酢、コショウ、にんいく、玉ねぎ、大根を混ぜる。
  3.  魚に小麦粉をまぶし付ける。
    フライパンに油を熱し、魚を中火で両面焼く。
    マリネ液の中に浸ける。
  4.  付け合わせを作る。
    貝割れ大根は根を切り、半分に切る。
    人参は出来るだけ細く切る。
  5.  皿に貝割れ大根と人参を盛る。
    マリネ液に漬け込んだ魚を汁ごと盛る。 

材料(4人前)

  • 魚(サバ)
    400g
  • 少々
  • コショウ
    少々
  • 小麦粉
    適量
  • サラダ油
    大さじ2 
  • 【付け合わせ】
     
  • 貝割れ大根
    1/2パック
  • 人参
    1/2本
  • 【マリネ液】
     
  • 醤油
    大さじ2
  • トマトケチャップ
    大さじ2
  • サラダ油
    大さじ1
  • 白ワイン
    大さじ1
  • 大さじ1
  • コショウ
    少々
  • にんにく
    1片
  • 玉ねぎ
    大さじ1
  • 大根
    大さじ2

ワンポイント

あっさりしたお料理です。食欲の無い時でも美味しく召し上がれます。


いきいき七尾魚よくある質問集 いきいき七尾魚フリー素材集

旬の七尾魚

  • マダラ

    冬の鍋料理に欠かせない魚「真鱈」。身は柔らかく絶品です。また白子はクリーミーで濃厚な味わいです。真子の「子付けのお刺身」は能登半島の冬を代表する一品です。

  • まさば

    背側の波紋が特徴。脂ののる秋から冬が旬。焼いてよし、煮てよし様々な調理方法で食べられます。

  • ふくらぎ

    今年生まれた「ブリ」の幼魚は、7月頃からボウズ⇒コゾクラと呼び名が変わり、10月頃から「フクラギ」と呼ばれ、能登・七尾の秋の味覚のひとつとなっています。

  • マアジのイタリアン風焼まあじ

    いよいよ食べごろ!能登の食卓では定番のアジ!塩焼きでもフライでもOK!

  • サヨリ 春の彩りあえさより

    春の訪れを知らせるサヨリは七尾湾で産卵、成長しています。

すし王国能登七尾 能登ふぐ事業協同組合 FOOD ACTOIN NIPPON
FAN推進パートナーとして参加しています 世界農業遺産「能登の里山里海」