いきいき七尾魚

アオリイカのチジミ

アオリイカのチジミ

日本人に好まれている水産物と言うと、必ず上位にイカ類がランクインします。冷水性の海域を好むイカ類が多く存在し、日本海側にはスルメイカ・ケンサキイカ・アカイカなどと一緒にアオリイカも多く漁獲されます。他のイカ類と比べて、厚みがあって甘みが強いのが特徴です。

  1. アオリイカを開いて、内臓をとり除き、ゲソを5%の塩水に1時間ほど浸す。
  2. タマネギを食べやすい大きさに切り、3分間電子レンジで加熱する。
  3. ボールに小麦粉・鶏がらスープを合わせて、加熱したタマネギとニラを混ぜる(A)。
  4. 別のボールに水120ccを入れ、片栗粉60gを溶かし、野菜(A)を混ぜる(B)。
  5. フライパンを加熱して油大さじ1を入れ、(B)を写真のように入れる。その上にゲソを入れ、アルミホイルで蓋をして弱火でゆっくり焼く。
  6. 裏返して両面に火が通ったら、ごま油大さじ1を回しかけて、強火で表面がカリッとなるように焼く。
  7. とき卵を回しかけ、両面に焼き色がついたら完成です。タレはお好みで。

材料(2人前)

  • あおりいかのゲソ(または胴)
    100g
  • 玉ねぎ
    中サイズ半分
  • ニラ
    1/3束
  • 小麦粉
    60g
  • 鶏がらスープ
    小さじ1
  • 120cc
  • 片栗粉
    60g
  • 1個
  • ごま油
    大さじ1
ワンポイント

海富理
お料理協力:
川端海富理さん

今回はアオリイカを使いましたが、他のイカ類でも同様に調理することができるので、是非試してみてください。


いきいき七尾魚図鑑 いきいき七尾魚よくある質問集 いきいき七尾魚フリー素材集

旬の七尾魚

  • マダラ

    冬の鍋料理に欠かせない魚「真鱈」。身は柔らかく絶品です。また白子はクリーミーで濃厚な味わいです。真子の「子付けのお刺身」は能登半島の冬を代表する一品です。

  • まさば

    背側の波紋が特徴。脂ののる秋から冬が旬。焼いてよし、煮てよし様々な調理方法で食べられます。

  • ふくらぎ

    今年生まれた「ブリ」の幼魚は、7月頃からボウズ⇒コゾクラと呼び名が変わり、10月頃から「フクラギ」と呼ばれ、能登・七尾の秋の味覚のひとつとなっています。

  • マアジのイタリアン風焼まあじ

    いよいよ食べごろ!能登の食卓では定番のアジ!塩焼きでもフライでもOK!

  • サヨリ 春の彩りあえさより

    春の訪れを知らせるサヨリは七尾湾で産卵、成長しています。

すし王国能登七尾 能登ふぐ事業協同組合 FOOD ACTOIN NIPPON
FAN推進パートナーとして参加しています 世界農業遺産「能登の里山里海」