いきいき七尾魚

寒鰤大敷網 有限会社

富山湾で400年以上前に始まったとされる定置網漁法で、歴史の中で改良が加えられてきました。網を一定の海中に常設しておき、回遊魚を待って漁獲する漁法で、現在、富山湾の総漁獲量の7割以上がこの漁法によるものです。一つの網の大きさとしては日本一の規模を誇っています。

その中でも最も大仕掛けの大敷網は、沿岸から約2~4kmの沖合、水深10~100mの海中に敷設されます。その仕組みは魚を誘導する「垣網」、魚が最初に入り、回遊する溜り場「角戸網」、魚を獲りあげる「身網」、入りすぎた魚を網に残す「落し網」など、それぞれの機能を持った各網が巧妙に組み合わせてあります。一網打尽式の網とは異なり、網目を調整し小さな魚は逃がしつつ「捕った魚をなるべく傷つけず、生きたまま水揚げできる」ように工夫された環境に優しい漁法です。

この優れた漁法も説明するものがなく、2014年本州定置網では初のマリンエコラベルジャパン(MELジャパン)の生産段階認証を取得することで説明に至った。

捕えた魚は船上で「血抜き活〆」し、その魚にMELのラベルを付して出荷している。このように「寒鰤大敷網有限会社」は海外のマーケットや東京五輪2020に向けて先行した取り組みを行っている。

うまい漁師がここにいる!

岩崎 理紀(いわさき りき)

30歳 副船頭、計量、浜売り(漁師歴12年)

目標:昔の人が大事!
経験者の存在が大切!先輩漁師から教え学び覚えることが大切!!
毎日、潮の流れ等が変わる。その場に応じた、状況に応じた対応ができるようになりたい。

掲載情報は2016年現在のものです。

 

佐藤 義嵩(さとう よしたか)

34歳 網揚げキャッチャー(漁師歴2年)

目標:第3光栄丸を操船したい!
臨機応変の対応が求められる。咄嗟の判断ができるようになりたい。経験を積み、周りに認められたい。

気をつけていること
一日一日、潮の流れが違うので油断できない。ミスしないいよう緊張しながら取り組んでいる。

掲載情報は2016年現在のものです。

 

宮 民生(みや たみお)

38歳 網洗い(漁師歴1年)

目標:とりあえず1個ずつ!
今は覚えることがいっぱいある。仕事を一つ一つ覚えたい。

漁師になって思うこと
魚が獲れた時は嬉しい。漁師は面白いし、時間の経つのも早い。

掲載情報は2016年現在のものです。

 

マリンエコラベル認証

マリンエコラベル認証制度とは、水産資源の持続的利用や生態系の保全を図るための資源管理活動を積極的に行っている漁業者を支援しかつ、消費者をはじめとする関係者の水産資源の持続的利用や海洋生態系保全活動への積極的参加を促進することを目的として、新しいエコラベル制度を設ける。


行長 聖

35歳 副船頭、鮮度管理、資源管理(МEL)(漁師歴14年)

目標:寒ブリ以外でも鮮度管理を!
アジやサバ等の血抜き、魚種に応じた氷の量等に配慮し血抜き効果を伝えたい。

気をつけていること
氷で魚体を傷つけないように処理し、冷やしすぎに注意している。稚魚の多い時期は休漁する。

マリンエコラベル認証シール等の効果
魚価向上に繋がっている。(生き締め、血抜き後マリンエコラベル認証シールを魚箱に貼って築地へ出荷している。小売店が魚箱を店頭表示する効果もある。開店から2時間で2/3売れる。)
・環境大臣賞受賞シールも添付し出荷している。
・直送は東京、千葉、岐阜等へ氷見・七尾の魚として出荷している。

掲載情報は2016年現在のものです。

 


いきいき七尾魚よくある質問集 いきいき七尾魚フリー素材集

旬の七尾魚

  • マダラ

    冬の鍋料理に欠かせない魚「真鱈」。身は柔らかく絶品です。また白子はクリーミーで濃厚な味わいです。真子の「子付けのお刺身」は能登半島の冬を代表する一品です。

  • まさば

    背側の波紋が特徴。脂ののる秋から冬が旬。焼いてよし、煮てよし様々な調理方法で食べられます。

  • ふくらぎ

    今年生まれた「ブリ」の幼魚は、7月頃からボウズ⇒コゾクラと呼び名が変わり、10月頃から「フクラギ」と呼ばれ、能登・七尾の秋の味覚のひとつとなっています。

  • マアジのイタリアン風焼まあじ

    いよいよ食べごろ!能登の食卓では定番のアジ!塩焼きでもフライでもOK!

  • サヨリ 春の彩りあえさより

    春の訪れを知らせるサヨリは七尾湾で産卵、成長しています。

すし王国能登七尾 能登ふぐ事業協同組合 FOOD ACTOIN NIPPON
FAN推進パートナーとして参加しています 世界農業遺産「能登の里山里海」